エックスサーバーの機能一覧!8つの機能とレンタルサーバーを見極める6つのポイント

エックスサーバー機能一覧

いよいよ本格的にブログを構築していこうとする方はWordPressを利用してブログを構築していくかと思いますが、その際にドメインとサーバーというものが必要になってきます。

ドメインに関しては今後長期的に見ていくとムームードメインというサービスで取得することをおすすめしていますが、サーバーに関してはエックスサーバーが圧倒的に良いですね。

 

今回はレンタルサーバーを選ぶ際になぜエックスサーバーをおすすめするのか、機能を詳しく紹介しながら解説していきます。すべての機能を紹介しても仕方ありませんので、必要な機能だけに絞って解説していきます。

 

機能一覧

それではエックスサーバーの持つの機能についてそれぞれ具体的に解説していきます。

今回はエックスサーバーのX10プランについて書いています。個人でレンタルサーバーを利用するなら基本的にこのプランでも十分なのでぜひ参考にしてください。

 

機能1.ディスクスペース

ディスクスペースとはウェブとメールに利用できる容量です。共有レンタルサーバーでは1つのサーバーを複数の人が利用するためこのように1人あたりが使用できる容量が決められているのです。

ディスクスペースが多ければ多いほどたくさんのデータを収納できるので、ディスクスペースの多さはレンタルサーバーを選ぶ上で重要なポイントになります。

そしてエックスサーバーのX10プランのディスクスペースは200GBもあります。個人が利用するなら1サイトで10GBもあれば十分なのですが、エックスサーバーでは200GBもあるのでこれだけでいくつものサイトを運営することも可能です。

 

機能2.MySQL(データベース数)

MySQL、つまりデータベースを利用できる数もレンタルサーバー選びには重要なポイントになってきます。WordPressを利用する際に1つ利用しますので、MySQLの数が多いほど1つのサーバーで多くのブログを運営することができます。ちなみにSIRIUSなどで作成したHTMLサイトは数に含まれません。

エックスサーバーのX10プランではMySQLは30個まで利用することができます。基本的には1つしか使用できないものが多いのですが、エックスサーバーのX10プランでは30個も使用でき、今後のことを考えても十分なほどの数ですね。

 

機能3.マルチドメイン

マルチドメインとは1つのサーバーで使用できるドメインの数です。つまりマルチドメインの数が多いほどたくさんのブログを運営することができます。MySQLでは使用できるデータベースの数を示していますが、マルチドメインでは使用できるドメインの数を示しています。

基本的にはマルチドメインは100以上欲しいところですが、エックスサーバーのX10プランではマルチドメインの数が無制限なので全く問題ありませんね。

 

機能4.バックアップ

バックアップは非常に重要ですよね。何かの間違いでデータが消えてしまった際にバックアップをとっていないと今までの努力が台無しになってしまいますよ。

そしてバックアップは基本的には自分でしなければならないものなのですが、なんとエックスサーバーでは毎日自動的にバックアップをとってくれるのです。

具体的にはサーバー領域のウェブ・メールデータは過去7日分、MySQLデータベースに関しては過去14日分保持してくれています。

ただし自動バックアップに関してはもちろん無料なのですが、復旧作業をお願いする際には費用がかかってきますのでそれだけはご注意ください。

サーバー領域のデータの復旧には税込み10,800円、MySQLデータベースの復旧には税込み5,400円かかります。

 

機能5.WEBページアクセス制限

この機能を利用すれば特定の人に対してだけページを公開するように設定することができます。つまりパス付きのページを作成することができるんですね。

アフィリエイトをやっていくとメルマガ会員限定ページや購入者限定ページなどを作成する機会が出てきますので、この機能はとても役立ちます。

 

機能6.FTPアカウント

FTPとはパソコンで作成したファイルやデータをサーバーへ転送するためのソフトであり、アフィリエイトをしていくと使用する機会が必ず出てくるでしょう。

FTPについて詳しく知りたい方は、「FileZillaのインストール方法とFTPソフトの解説」を参考にしてください。

そしてエックスサーバーではこのFTPアカウントを無制限に使用することができます。無制限に使用できますのでこちらに関しても全く問題ありませんね。

 

機能7.自動インストール

エックスサーバーには人気のプログラムを自動でインストールする機能があります。皆さんがよく利用するWordPressもその一つです。

つまりエックスサーバーの自動インストール機能を利用すれば、WordPressの面倒くさい設定をすること無く一瞬のうちにWordPressをインストールすることができます。

▶ エックスサーバーでWordPressを自動インストールする方法

 

非常に便利な機能なのでエックスサーバーを利用する場合はぜひ利用してみてください。

 

機能8.メールアカウント

エックスサーバーでは取得したドメインを利用したメールアカウントを作成することができるのです。

例えば「testland.com」というドメインを取得していると「〇〇@testland.com」といったメールアドレスを作成し、使用することができるのです。もちろん「〇〇」の部分は自由に決めることができます。

さらにエックスサーバーではメールアカウントを無制限に作成することができます。無制限に作成できるため用途別にメールアドレスを作成することをおすすめします。

 

レンタルサーバーを選ぶ際のポイント

レンタルサーバーにはそれぞれいろいろな機能がついていますが、上記のようにエックスサーバーに関する優れた機能をただ紹介したところで全く知識がない方にとっては正直良くわかりませんよね。

そこでレンタルサーバーを選ぶ際に見ておくべきポイントを解説しながらエックスサーバーが優れていることをより理解してもらいたいと思います。

良いレンタルサーバーを選ぶ際に重要視するべきポイントは以下の6つです。

  • ディスクスペース
  • MySQL(データベース数)
  • 1日の最大転送量
  • マルチドメイン
  • サポート
  • 料金

それぞれに関してわかりやすく解説していきます。

 

ポイント1.ディスクスペース

こちらに関しては先程もお話ししましたが、収納できるデータの容量でしたね。主に動画を配信するブログを運営する場合や1つのレンタルサーバーで複数のブログを運営する際に重要になってきます。

エックスサーバーでは一番低いX10プランでも200GBという膨大な容量があるのですが、それでも足りない場合はプランを上げるだけで簡単に容量を大きくできるところも魅力的ですね。

 

ポイント2.MySQL(データベース数)

こちらに関しても先ほどお話ししましたが、良いレンタルサーバーを見分けるポイントの一つとして使用できるデータベースの数も重要になってきます。

1つのWordPressで1つのMySQLを使用します。HTMLサイトの数は含まれませんのでHTMLサイトをたくさん作りたい場合は関係ありませんが、1つのレンタルサーバーでたくさんのWordPressサイトを管理したい場合は重要になってきますのでチェックしておく必要があります。

エックスサーバーのように1つのレンタルサーバーでたくさんのデータベースを利用できるレンタルサーバーというのはなかなかありませんので魅力的ですね。

 

ポイント3.1日の最大転送量

1日の最大転送量とは「1日にどれだけの容量を転送することができるか」ということなのですが、わかりやすく説明すると「1日にどれだけのアクセスに耐えられるか」という解釈をしていただければ大丈夫です。

 

そしてこの1日の最大転送量を把握しておくことは非常に重要です。

基本的にはそんなに大きくなくても大抵のアクセスには耐えられるのですが、ある記事がバズるなど瞬間的にアクセスがバッと来る場合もありますよね。

そんな時に1日の最大転送量が低いとサーバーがアクセスに耐えられなくなり、503エラーというものが発生し肝心のページを表示できなくなってしまうのです。つまりせっかく訪れた大きな売上の機会を逃してしまうことになるのです。

 

エックスサーバーのX10プランでは1日の最大転送量は50GBに設定されているのですがこれは相当な量です。

ほとんどのレンタルサーバーでは1日の最大転送量を公開していないものが多く、特に料金の安いレンタルサーバーに多い傾向があります。エックスサーバーはそれだけ自信があることの表れだというふうにも受け取れますね。

 

通常時にどれだけのアクセスに耐えられるかも重要ですが、瞬間的にどれだけのアクセスに耐えられるかという部分はより重要なので忘れないで下さい。

 

ポイント4.マルチドメイン

マルチドメインに関しても先ほどお話ししましたが、1つのレンタルサーバーあたりで使用できるドメインの数でしたね。

これから本格的にアフィリエイトを実践していくと、いずれ数多くのサイトやブログを運営していくことになりますのでチェックしておく必要があります。

マルチドメインは100位上は欲しいところですが、エックスサーバーではマルチドメインは無制限ですので全く問題ありませんね。

 

ポイント5.サポート

良いレンタルサーバーを見極めるポイントとしてサポート体制を見ておくことも重要です。

メールサポートだけなのか、電話サポートもあるのか、そしてそれらは24時間体制なのか、またエックスサーバーのようにバックアップ機能まで搭載しているのかなどを重点的に見て行きましょう。

ブログに何かあった時にすぐに復旧するためにも、できれば電話サポート付きで24時間体制のものが良いですね。エックスサーバーのようにバックアップ機能もついていると最高です。

私がエックスサーバーで唯一欠点を挙げるとしたら、電話サポートが平日の10時~18時の間しか受け付けていない点ですね。その他のサポート体制に関しては何度もお話している通りバックアップ機能も付いているほど高く問題ありません。

 

ポイント6.料金

これまでお話してきませんでしたが、おそらくレンタルサーバーを初めて契約する方にとって一番気になるのは料金ですよね。

もちろん安ければ安いほど良いのですが、無料のレンタルサーバーは絶対に使用しないでください。機能性に関してどこか問題があるものばかりです。

 

特に表面上では見えない問題がたくさんあります。例えば先ほどお話しした瞬間的なアクセスにすぐに耐えられなくなるというような問題です。

無料ではないが安すぎるものに関してもしっかりと機能などを確認した上で選択してくださいね。

 

エックスサーバーのX10プランでは、12ヶ月一括払いをした場合は、以下の様な費用がかかります。

  • 初期費用:3,000円
  • 月額費用:1,000円+80円(消費税)

※たまに初期費用が安くなるキャンペーンなどもやっています。

 

エックスサーバーは他を寄せ付けないほど圧倒的な機能を取り揃えているのにこの価格なので非常に魅力的ですね。

月額数百円というレンタルサーバーもたくさんありますが、機能性などに問題がある場合が多いですので私はおすすめしません。

 

まとめ

エックスサーバーに関して詳しく解説しました。レンタルサーバーを選ぶ際に見るべきポイントや、エックスサーバーが圧倒的に優れていることなどがお分かりいただけたでしょうか。必ずしもエックスサーバーでなくても良いのですが、レンタルサーバーを選ぶ際の参考にしていただければと思います。

エックスサーバーを格安で契約する方法を以下の記事で解説していますのでご覧ください。

▶ エックスサーバーを格安で契約する方法

メールマガジン登録





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ