ライティングの外注化におすすめのクラウドソーシングサービス2選

ライティング外注化

クラウドソーシングサービスは、現在多くのサービスで溢れかえっています。どれを使うべきかとても迷いますよね。

そこで私が実際にいろいろと使用してみた経験からおすすめのクラウドソーシングサービスを紹介していきます。

今回は、特にライティングの外注をする際におすすめのクラウドソーシングサービスを2つご紹介していきます。

 

圧倒的な2つのクラウドソーシングサービス

ライティングを外注化する際、おすすめのクラウドソーシングサービスはすぐに2つまで絞ることが出来ました。

それは以下の2つです。

  • クラウドワークス
  • Lancers

この2つのサービスにはライティングを外注化する際に欠かすことができない機能が装備されていたのです。

 

それはコピペチェック機能です。

クラウドソーシングサービスには初心者からプロまで多くのライターが登録していますが、中には文章の一部をコピペしてきたり、ひどい場合は全部コピペという場合もあります。

検索上位を目指している場合、コピーコンテンツがあるとペナルティを受けてしまいますよね。記事をネット上に公開する前にコピペチェックすることは絶対に欠かしてはいけません。

 

今回紹介している2つのサービスでは、有料のコピペチェックツールにも劣らないほどの機能がついたものを会員限定で無料で使用することができるのです。

コピペチェックツールは結構な値段がしますので、これは本当にありがたいです。私も毎日ありがたく使わせてもらっています。

有料のコピペチェックツールはもはや目を向けられない時代になってくると思っています。外注化サービスも、コピペチェックツールが装備されたものが当たり前になってくると思います。

 

ライティングを外注する場合は以下の2つが良いですね。

  • クラウドワークス
  • Lancers

それではこの2つのサービスについて簡単に説明していきます。

 

クラウドワークス

クラウドワークス

▶ Crowdworks(クラウドワークス)公式サイト

クラウドワークスはここ最近一気に伸びてきたサービスではありますが、業界のトップを担う大手とまで上り詰め、現在最も人気があり、注目されています。

ライターの質が高く、使いやすく、1記事あたりの相場が安いため、私が一番におすすめしているサービスです。最近では、メディアにたくさん取り上げられており、評判も良いようです。

クラウドワークスでは特定のライターと長く付き合っていく形式が一般的であり、その方が効率よく作業することができますね。

 

Lancers

Lancers

▶ Lancers(ランサーズ)公式サイト

Lancersは、クラウドソーシングサービスとしては長い5年以上の歴史を持っており、こちらももちろん業界の大手として多くの方から信頼を得ています。

私の感覚だと、Lancersのライターはクラウドワークスのライターより少しだけ劣る感じがします。(※あくまで私の感覚です。)また、1記事あたりの相場が少し高めです。

Lancersでは、こちらがある一定数用意した記事を、複数のライターに書いてもらう形式が一般的となっています。そのため、細かい部分は一人ひとりに説明する必要があり、正直面倒くさいです。

 

まとめ:クラウドワークスが一番おすすめ!

以上の説明からもお分かりの通り、私はクラウドワークスを最もおすすめしています。

すべての面でどのクラウドソーシングサービスよりも優れており、実際に使用していただけるとそれを実感できるかと思います。

ライティングを外注する際にどれを使うか迷っている場合はぜひクラウドワークスをお使いください。

メールマガジン登録





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ