WP-DBManagerの使い方-日本語化とおすすめ設定とエラー対処

WP-DBManager

あなたはしっかりとバックアップをとっていますか?

まあこの記事を見に来たということは、バックアップを取ろうと思い見に来たのだと思うのですが…

 

私はこれまでいくつもサイトを運営してきましたが、実はバックアップを取ったことが無いんですね。

アフィリエイトを本業で生活している身としては失格ですね。(笑)

 

しかし、もしサイトに何かあったときのことを考えるとものすごく恐ろしいので、今回バックアップを取ることに決めました。

まずはWordPressプラグインから実行しようと思ったので「WP-DBManager」を使用してみます。

 

「WP-DBManager」バックアップのプラグインの中では一番サーバーへの負荷が少ないプラグインであり、多くの方からの支持を得ています。

何が良いかわからないという初心者の方はぜひ使用してみてください。

設定方法

それでは初心者の方にもわかりやすいよう一つ一つ手順を確認しながら設定方法を説明していきます。

 

1.『WP-DBManager』をインストールし、有効化します。

WordPressプラグインのインストール方法に関してはこちらをご覧ください。

 

2.有効化すると、以下の画面に移りますが、上部に表示されている赤いラインのエラー表示が気になりますよね。

こちらのエラーに関してもこれから設定して対処していくのですが、その前にプラグインを日本語化します。

WP-DBManager1

 

3.まず以下のサイトから「WP-DBManager」の日本語版をダウンロードします。

 

4.そしてダウンロードしたZIPファイルを解凍し、下の画像で示した3つのファイルをFTPソフトを使用してアップロードします。

だからまずはFTPソフトを起動します。

※私はFFFTPを使用していますのでそちらで設定していきます。他のFTPソフトでもやり方に変わりありませんのでご安心ください。

WP-DBManager2

 

アップロードする箇所は「ドメイン/public_html/wp-content/plugins/wp-dbmanager」です。

こちらに先ほどの3つをアップロードすると以下のようになります。赤枠で囲ったものが追加したファイルです。

これで「WP-DBManager」の日本語化は完了です。

WP-DBManager3

まだFTPソフトを使用しますのでそのままにしておいてください。

 

5.次は同じ箇所にある「htaccess.txt」をデスクトップにドラッグ&ドロップで取り出します。

取り出したら「ドメイン/public_html/wp-content/plugins/wp-dbmanager」(元の場所)にある「htaccess.txt」は削除してください。

WP-DBManager5

 

6.FTPソフトの「ドメイン/public_html/wp-content」に戻ります。そしてこちらに「backup-db」というフォルダを作成し、開きます。

WP-DBManager6

 

7.開いた箇所に先ほどデスクトップに取り出した「htaccess.txt」をアップロードし、名前を「.htaccess」に変更してください。

以下がアップロードして名前を変更した状態です。

※名前の先頭にドットがあるのを忘れないで下さい。

WP-DBManager7

 

8.もう一度WordPress管理画面のプラグイン一覧を見てみると、先ほどのエラー表示が消えています。

次はおすすめの設定方法と使い方をお教えしていきます。

WP-DBManager8

 

9.WordPress管理画面サイドバーに「データベース」というものができているので、そちらから「DBバックアップ」を選択します。

WP-DBManager9

 

10.それでは実際にバックアップをしていきます。

「データベースバックアップの設定」「GZIP圧縮を使用しますか?」では「はい」を選択します。「はい」を選択することでファイルの容量を小さくできるのでおすすめです。

これでバックアップ完了です。おそらくデータが添付されたメールが届くかと思います。

WP-DBManager10

以上のように手動でバックアップも出来るのですが、定期的に自動でバックアップされるように設定することもできます。

こちらをおすすめしますのでその設定方法を説明していきます。

 

11.WordPress管理画面のサイドバーの「データベース」→「DBオプション」を選択します。

WP-DBManager11

 

12.「バックアップファイル保有数」10以下の数字にすることをおすすめします。

バックアップしたデータをいくつまで保有するかを決めるのですが、あまりに多いとサーバーを圧迫してしまいますので10以下の数字にしてください。

ちなみに私は5にしてます。

WP-DBManager12

 

13.もう少し下に進むと「自動スケジュール」を設定する箇所があります。こちらでは自動でバックアップをとるように設定できます。

基本的には「DBバックアップファイル自動生成」の部分だけ変更すれば大丈夫です。私のおすすめは1週間~1ヶ月ごとに自動バックアップを取るように設定することです。

これで設定を保存しましょう。

WP-DBManager13

最後に

以上で「WP-DBManager」の設定は完了です。

バックアップは定期的に取っておかないと、サイトをめちゃくちゃにしてしまった場合に相当落ち込みます。私が言える話では無いかもしれませんが、必ずバックアップはとっておきましょうね。

メールマガジン登録





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ