WordPressインストール直後にすべき8つの初期設定

WordPressのインストールが完了したら、すぐに取り組むべき初期設定が8つあります。WordPressの設定にはいろいろとありますが、今回はその中でも初期設定の部分を取り上げます。

最初に正しい設定をしておくことで、WordPressの使いやすさやSEO効果を高めることができ、結果的に合理的にアクセス数を増やしていくことができます。

本記事を上から順に読み進めながら設定していけば初期設定はすべて完了しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

WordPressの8つの初期設定

WordPressの初期設定には以下の8つがあります。

  • ダッシュボードの表示オプション
  • 一般
  • 投稿設定
  • 表示設定
  • ディスカッション
  • メディア
  • パーマリンク設定
  • プロフィール

では、一つ一つ具体的な設定方法を解説していきます。

 

1.ダッシュボードの表示オプション

WordPressの管理画面にログインすると、まず以下の様なダッシュボードが開かれます。しかし、デフォルトの状態だと不要なものも表示されていますよね。まずは自分が不要だと思うものを非表示にさせます。

まずは赤枠で囲っている「表示オプション」をクリックします。

 

表示オプションが開かれますので、不要な項目のチェックを外します。

 

不要なものを排除したら以下のようになりました。

 

今後、WordPressテーマやWordPressプラグインなどを導入することによって、ダッシュボードにいろいろと追加されていきますので、自分の使いやすいようにカスタマイズしてみてください。

 

2.一般

一般設定では、ブログ・サイトタイトルやキャッチフレーズなどの基本的な部分を設定することができます。

まずはWordPress管理画面サイドバーから「設定」→「一般」へと進みます。

 

以下の様な画面が出てきますので、それぞれ見ていきます。

 

2-1.サイトのタイトルとキャッチフレーズ

まずはサイトのタイトルとキャッチフレーズを設定しましょう。理想的なブログ・サイトタイトルとキャッチフレーズの決め方は以下の記事で具体的に解説していますので参考にしてください。

▶ SEOに強いブログタイトルの付け方と文字数 – 最高のブログタイトルとは?

▶ WordPressでブログタイトルとキャッチフレーズを設定する方法

 

2-2.WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)

この2つはデフォルトでブログトップページのURLが設定されているかと思いますが、こちらはそのままで大丈夫です。

この部分は「http://◯◯.com/wp」など、サブディレクトリ内にWordPressをインストールしてしまった場合や独自ドメインを変更する際に利用します。

一見、この部分を変更することにより、URLを簡単に変更できそうな気がしてしまいますが、間違った設定をしてしまうとダッシュボードにログインできなくなってしまうこともありますので、よくわからない方は絶対に触らないでください。

 

2-3.メールアドレス

ブログにコメントが付いたり、リンクが付いた時などに、ここに入力したメールアドレス宛にメールが届きます。普段利用しているメールアドレスを設定しておくことをおすすめします。

 

2-3.メンバーシップと新規ユーザーのデフォルト権限グループ

WordPressは複数のメンバーで運用することができ、メンバーごとのユーザーアカウントを発行することができます。

ここでは、新たなユーザーアカウントを発行する際に、管理者の権限を持ったユーザーのみが新規のユーザーアカウントを発行できるのか、それとも権限に関わらずユーザーアカウントを所持している人なら誰でも新規のユーザーアカウントを発行できるのかを選択できます。

よくわからない場合は、セキュリティのことを考えて、チェックを外しておくことをおすすめします。

また、新規ユーザーアカウントを発行する際に、そのユーザーに与えるデフォルト権限を決めることができます。こちらは新規ユーザーを追加する際に選択できるので、そのままでも構いません。

 

2-4.その他

その他に、

  • タイムゾーン
  • 日付のフォーマット
  • 時刻フォーマット
  • 週の始まり
  • サイトの言語

がありますが、これらは好きなものを選択してください。

 

すべて設定できたら「変更を保存」をクリックして設定を保存します。

 

3.投稿設定

投稿設定では、記事や固定ページの投稿に関する設定を行うことができます。

まずはWordPress管理画面サイドバーから「設定」→「投稿設定」へと進みます。

 

以下の様な画面が出てきますので、それぞれ見ていきます。

 

3-1.投稿用カテゴリーの初期設定

新規記事を投稿する際に、その記事に与えられるデフォルトのカテゴリーを設定できます。こちらは記事を投稿する際に選択できるので、そのままでも構いません。

 

3-2.デフォルトの投稿フォーマット

新規記事を投稿する際に、その記事に与えられるデフォルトのフォーマットを設定できます。

投稿フォーマット機能を使用することで、コンテンツの表示を豊かにすることができます。そしてWordPressテーマごとに投稿フォーマットの種類は異なります。

しかし、使用することはほとんどないため、「標準」のままで構いません。

 

3-3.メールでの投稿

WordPressでは、メールを使用してスマホから記事を投稿することができます。

しかし、メールを使用して記事を投稿することはおすすめしません。そのままにしておきましょう。

 

3-4.更新情報サービス

更新情報サービスを使用することにより、記事を投稿したり更新した際にブログサービスなどに通知することができ、より多くのアクセスを集めたり、投稿した記事のインデックス速度を早めることに役立ちます。

しかし、「WordPress Ping Optimizer」というWordPressプラグインを使用して後々設定するので、今は放置しておいて構いません。

▶ WordPress Ping Optimizerの設定と使い方

 

すべて設定できたら「変更を保存」をクリックして設定を保存します。

 

4.表示設定

表示設定では、トップページの表示やRSSフィードに関する設定を行うことができます。

まずはWordPress管理画面サイドバーから「設定」→「表示設定」へと進みます。

 

以下の様な画面が出てきますので、それぞれ見ていきます。

 

4-1.フロントページの表示

デフォルトでは「最新の投稿」にチェックが入っており、トップページには最新の記事が順番に表示されます。この場合、トップページはブログのようなデザインです。

しかし、「固定ページ」にチェックを入れ、フロントページを設定することで、トップページをサイトのようなデザインに変更することができるのです。

サイトを作りこむ際にフロントページを固定ページに設定しますが、基本的にはデフォルトのままで構いません。

 

4-2.1ページに表示する最大投稿数

トップページ、アーカイブページ、カテゴリページ、タグページなどで1ページに表示する最大投稿数を設定します。

あまりに多く表示させるとページの読み込み速度が低下してしまうので、最大でも10件までにしておくことをおすすめします。

 

4-3.RSS/Atomフィードで表示する最新投稿数

RSSリーダーで表示させる最新記事の投稿数を設定することができます。

しかし、この設定を変更したところであまり意味はありません。というのも、今ではRSSフィードを使用している人のほとんどがFeedlyというサービスを使用しており、Feedlyではこの設定は反映されないからです。

デフォルトのままで構いません。

 

4-4.RSS/Atomフィードでの各投稿の表示

RSSリーダー内で、記事の全文を表示させるか、それとも抜粋のみを表示させるかを選択できます。

抜粋のみを表示させたほうが自分のブログのアクセス数が増えるため、そちらをおすすめします。

 

4-5.検索エンジンでの表示

ここにチェックを入れると、サイトが検索結果に表示されなくなります。基本的にはチェックを入れないでください。

 

すべて設定できたら「変更を保存」をクリックして設定を保存します。

 

5.ディスカッション

ディスカッションの設定では、ブログへのコメントやトラックバック関連の設定を行うことができます。

まずはWordPress管理画面サイドバーから「設定」→「ディスカッション」へと進みます。

 

以下の様な画面が出てきますので、それぞれ見ていきます。

 

5-1.投稿のデフォルト設定

自分のブログに他のブログへのリンクを張ったり、他のブログから自分のブログにリンクが張られた際の通知に関する設定を行うことができます。

「この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる」にチェックを入れると、自分のブログに他のブログへのリンクを張った際に、そのブログに通知が行きます。他のブログへ自分のブログの存在を認知してもらえるのでチェックしておくと良いです。

「新しい記事に対し他のブログからの通知(ピンバック・トラックバック)を受け付ける」にチェックを入れると、他のブログから自分のブログへのリンクが張られた際に、自分に通知が来ます。他のブログで自分のブログやブログ内の記事が紹介されていることを知ることができるので、チェックを入れておくことをおすすめします。

「新しい投稿へのコメントを許可する」にチェックを入れると、読者が記事にコメントを投稿することができます。読者からの質問や感想などを得るためにもチェックを入れておきましょう。

 

5-2.他のコメント設定

コメント欄の表示設定を行うことができます。

「名前とメールアドレスの入力を必須にする」にチェックを入れることで、スパムコメントをできるだけ減らすことができるので、チェックを入れておきましょう。

その他のものに関しては好きなように設定して構いませんが、基本的にはデフォルトのままで問題ありません。

 

5-3.自分宛のメール通知

読者からコメントが投稿された際に、自分に通知メールを送るかどうかを設定できます。好きなように設定しておきましょう。

 

5-4.コメント表示条件

スパムコメントを考慮すると、どちらかにチェックしておくことをおすすめします。どちらのチェックも外していると、誰のコメントでも即表示されてしまいますのでご注意ください。

 

5-5.コメントモデレーションとコメントブラックリスト

これらに関しては、「Akismet」というWordPressプラグインで対策できるので設定不要です。

 

5-6.アバター

アバターとは、コメント欄に表示されるコメント投稿者の画像のことです。お好きなように設定してください。

 

すべて設定できたら「変更を保存」をクリックして設定を保存します。

 

6.メディア

メディアの設定では、画像のサイズに関する設定を行うことができます。

まずはWordPress管理画面サイドバーから「設定」→「メディア」へと進みます。

 

以下の様な画面が出てきますが、こちらでは記事や固定ページで画像を挿入する際のそれぞれの画像サイズを設定します。

 

ここで設定したそれぞれの画像サイズは、以下のように記事や固定ページに画像を挿入する際に選択できます。

 

設定できたら「変更を保存」をクリックして設定を保存します。

 

7.パーマリンク設定

パーマリンク設定では、記事や固定ページのURLの表示方法に関する設定を行うことができます。SEOの観点から見ると重要であり、アクセス数に影響してくる部分なので、しっかり設定しましょう。

まずはWordPress管理画面サイドバーから「設定」→「パーマリンク設定」へと進みます。

 

以下の様な画面が出てきます。

 

SEO上最適なパーマリンクの設定方法に関しては、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

▶ SEO効果を最大にするパーマリンク設定3パターン

 

設定できたら「変更を保存」をクリックして設定を保存します。

 

8.プロフィール

プロフィールの設定では、プロフィール名やパスワードの変更などの設定を行うことができます。

まずはWordPress管理画面サイドバーから「ユーザー」→「あなたのプロフィール」へと進みます。

 

以下の様な画面が出てきますので、それぞれ設定していきます。

 

基本的には好きなように設定しておけば構いません。

「ニックネーム」にハンドルネームを入力し、「プロフィールを更新」をクリックすると、「ブログ上の表示名」に自動登録されますので、ブログ上でその名前を使用したい場合は選択してください。

すべて設定できたら「プロフィールを更新」をクリックして設定を保存します。

 

まとめ

WordPressをインストール後、すぐにやるべき初期設定は以上です。初期設定では、手順に従ってやっていくだけなので、それほど時間をかけずにささっと済ましたいですね。

また、WordPressでアクセスを集めやすいアフィリエイトブログを構築する方法を、以下の記事では一から最後まですべて解説していますので、こちらもあわせてお読みください。

▶ WordPressでのアフィリエイトブログ構築方法を徹底解説!

メールマガジン登録





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ