Tweetilyの設定と使い方-過去記事をランダムで自動ツイートするWordPressプラグイン

今回はTweetilyというWordPressプラグインを紹介します。

Tweetilyは、ブログの過去記事を定期的にランダムで自動ツイートしてくれるWordPressプラグインなのです。

つまりこのプラグインを使用することで、Twitterからの集客を効果的にすることができるんです。

使わなきゃもったいないですよね!

今回はTweetilyの設定方法と、使い方を解説していきます。

Tweetilyの導入

まずはTweetilyをインストール、有効化して、WordPressに導入していきましょう。

WordPressプラグインのインストール、有効化の具体的な流れは以下の記事で解説していますので、わからない方は参考にしながら進めてください。

Tweetilyの設定

Tweetilyを導入出来ましたら、次はお使いのTwitterと連携して設定をしていきましょう。

WordPress管理画面のサイドメニューの「Tweetily」→「Tweetily」と進みます。

2014-11-09_23h51_27

すると設定画面に移ります。ちなみにこちらが設定画面です。

2014-11-09_23h56_27

Twitterアカウントとの連携

まずはお使いのTwitterアカウントとWordPressを連携させていきましょう。

 

ページ上部に「If you like this plugin, follow @flavmartins on Twitter to help keep this plugin free…FOREVER!」と書いてあります。

つまり、「Twitterで@flavmartinsをフォローすれば、このプラグインを永久に無料で使用できる」という趣旨が書いてありますので、まずはフォローして下さい。

 

そうしましたら「Sign in with Twitter」をクリックして、連携させたいTwitterアカウントと連携していきます。

2014-11-10_00h03_13

Twitterにログインしていると、このような画面が出てきます。

連携させたいTwitterアカウントでログインしていることを確認して、「連携アプリを認証」をクリックします。

2014-11-10_00h06_05

すると、自動的にWordPressのTweetilyの設定画面に戻り、以下のように表示されています。

2014-11-10_00h07_11

設定項目を埋める

連携が完了しましたら、それぞれの項目を設定して行きましょう。

2014-11-10_00h26_41

上から順番に埋めていきます。

Tweet Content:

「Post Title Only」→記事タイトルのみ

「Post Body Only」→記事本文のみ

「Both Title & Body」→記事タイトルと本文の両方

これら3つの中から好きなものを選択します。おすすめは記事タイトルのみです。

Additional Text:

ツイート文に付け加える言葉を記入します。過去記事だとわかるように「過去記事」など、任意の言葉を記入することをおすすめします。

Additional Text Location:

「Additional Text」で記入した言葉をツイート文のどの位置に付け加えるかを選択します。

「Beginning of the tweet」→ツイート文の先頭

「End of the tweet」→ツイート文の終わり

の2つから選択できます。

Include Link:

過去記事へのリンクを含めるかどうかを選択できます。これはもちろん「Yes」を選択しましょう。

Use URL shortner?:

リンクを短縮するかどうかを選択できます。

URL Shortener Service:

リンクを短縮する際にどのような短縮の仕方にするかを選択できます。

#Hashtags:

ハッシュタグを付けるかどうかを選択できます。あると邪魔だと思っていますので、私は付けておりません。

Time between tweets:

何時間おきに過去記事をツイートするかを決めます。

ブログを開始したばかりの頃にあまりにもツイート間隔を短くしてしまうと、同じ記事ばかりツイートしてしまうため、最初は8時間くらいに設定しておきましょう。

ちなみに私は最初の頃は24時間に設定していました。

Random Time Added:

普通の投稿をしてからTweetilyを使用したランダムツイートをTwitterでつぶやくまでの時間を決めます。

こちらの間隔が短くなってしまうと新着記事が埋もれてしまいますので、短くなり過ぎないように注意しましょう。

Minimum age of post:

ブログで投稿した記事を、何日後にTweetilyでのツイートに反映させるかを決めます。

私は7日後に設定しています。

Maximum age of post:

何日前までの記事をTweetilyでのツイートに反映させるかを決めます。

基本的には「0」を選択し、期限を設定しないようにすることが多いかと思いますが、トレンドアフィリエイトなど季節や話題性などが重要なブログを構築している場合は、設定することをおすすめします。

Enable Logging:

過去ログを保存するかどうかを選択します。私は保存していません。

Number of Tweets:

一度にいくつのツイートをするかを選択します。

多くてもうざいだけなので、ここは「1」が無難でしょう。

Select post type:

Tweetilyでツイートする記事の種類を選択します。

「Only Posts」→普通の投稿記事のみ

「Only Pages」→固定ページのみ

「Both Posts & Pages」→普通の投稿記事と固定ページの両方

基本的には普通の投稿記事のみで大丈夫でしょう。

Exclude Categories:

Tweetilyでのツイートから除外するカテゴリを選択します。

 

それぞれの設定が完了しましたら「Update Tweetily Options」をクリックしましょう。

このように設定が完了します。

2014-11-10_00h59_24

実際にどんな感じでツイートされているかを確認してみましょう。

こちらはアフィリーランドでの例です。

赤枠で囲っているツイートがTweetilyを使用したツイートです。

ちなみにその下のツイートはJetpack by WordPress.comというWordPressプラグインのパブリサイズ共有という機能を使用して新着記事を投稿しています。

この方法について知りたい方は「Jetpack by WordPress.comとは?おすすめの使い方を解説」を参考にしてください。

2014-11-10_00h57_28

まとめ

Tweetilyの使い方はわかりましたか?

今回解説したとおりにやれば必ずできますので、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみにTwitterアカウントを自動化するためにはアカウントのbot化をする必要があります。

Twitter botの作り方はこちらで解説していますので、もしよろしければ参考にしてみてください。

メールマガジン登録





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ