記事を一瞬でインデックスさせる方法とその効果

ブログを開設したての頃、記事を作成して公開してもなかなかインデックスされないですよね?最初の頃は何日もインデックスされないという状態が続いてしまうのではないでしょうか?

記事を公開してもインデックスされなければアクセスを集めることができません。いち早くブログを育てていきたい方にとってはもどかしい状態なのではないでしょうか?

また、記事をすぐにインデックスさせないと起こってくる問題もあるのです。

今回は新しく書いた記事をすぐにインデックスさせる方法とその効果、すぐにインデックスさせないと起こってしまう問題について解説していきます。

 

新しく書いた記事を一瞬でインデックスさせる方法と手順

それでは早速、新たに書いた記事を一瞬でインデックスさせる方法をお教えしていきます。この際に使用するのはGoogle Search Console(旧Googleウェブマスターツール)の中にある「Fetch as Google」という機能です。

こちらの機能を使用することにより、書いた記事をすぐにインデックスさせることができるんです。それではその手順を一つ一つお教えしていきます。

 

まず、Google Search Consoleを開きます。まだブログを登録していない方は先に登録を済ませておいてください。ブログの登録方法はこちらで解説しています。

▶ GoogleウェブマスターツールへのXMLサイトマップの登録方法

 

Google Search Consoleの管理画面が出てきます。こちらからブログを選択します。

 

すると、以下の様な画面が表示されますので、サイドバーの「クロール」→「Fetch as Google」を選択します。

 

出てきたページの空欄に作成した記事のURLを入力します。ドメイン部分はすでに書いてありますので、その後の部分を入力します。そして「取得してレンダリング」をクリックします。

 

すると、以下のように「ステータス」の部分が「保留」となります。こちらは時間がかかりますので少々お待ちください。

 

数十秒くらいすると先ほど「保留」となっていた部分が「インデックスに送信」というボタンに変わりますので、変わり次第こちらをクリックします。

 

すると、このような画面が表示されますので、基本的には「このURLのみクロールする」を選択して「送信」をクリックします。

 

赤枠で囲った部分が「インデックスに送信されたURL」となり、記事がインデックスされます。

基本的にはすぐにインデックスされるのですが、たまにインデックスまでに時間がかかる場合もありますのでご注意ください。

 

記事がインデックスされているか確認する方法

それでは本当に記事がインデックスされているか確認していきます。

Googleの検索ボックスに「site:(記事のURL)」を入力して検索します。今回の場合、以下のように記入します。

 

そうすると以下のように先ほど書いた記事が表示されます。このように表示されていたら記事がインデックスされている証拠ですのでご安心ください。インデックスは完了です。

 

ちなみにインデックスされていない記事で「site:(記事のURL)」と検索すると以下のように記事が表示されません。

以上が記事を一瞬でインデックスさせる方法と、記事がインデックスされているか確認する方法です。

それでは次は記事をすぐにインデックスさせることにより得られる効果と、すぐにインデックスさせないと起こる問題についてお話します。

 

すぐにインデックスさせることにより得られる効果

作成した記事をすぐにインデックスすると、しない時に比べより多くのアクセスを集めることができます。具体的にどのようなアクセスが集まるのか解説します。また、その他にもメリットがありますのでそちらについてもお話します。

 

早く検索エンジンに表示されることによるアクセス

いち早く記事が検索エンジンに表示されますので、その分多くのアクセスを集めることができます。

もし今回の方法を利用せずに1週間後に記事がインデックスされた場合、その時よりも1週間分多くのアクセスが集まりますよね。

 

トレンドネタで検索してくるアクセス

あるネタについて検索する人が短期間で爆発的に増えるときがあります。いわゆるトレンドネタというものですね。

トレンドネタは爆発的に検索されますが、それは一時的なものであることがほとんどです。いくら早くそのネタに関する記事を書けたとしても、インデックスされるのが1週間後だった場合、おそらくその頃にはそのネタについて検索してくる人の数はかなり少なくなっていることでしょう。

いち早く記事をインデックスさせることで爆発的なアクセスをブログに呼びこむことができます。

 

記事の順位をすぐに確認できる

記事をすぐにインデックスさせることにより、上記のように多くのアクセスを集めることが出来るだけでなく、書いた記事が狙ったキーワードで検索結果の何位に位置しているのかをすぐに確認することができます。

自分のブログやサイトのパワーがどれくらいなのか、狙ったキーワードで上位表示できているかを確認することは非常に重要な事ですので、記事をインデックスさせた直後には確認する習慣を身につけましょう。

 

すぐにインデックスさせないと起こる問題

たまに起こる問題なのですが、作成した記事をすぐにインデックスさせないとペナルティを受けてしまうことがあります。

どういうことかというと、自分で書いたオリジナルの記事を更新後、誰かがその記事をコピペして記事を作成し公開後、そちらの記事のほうが先にインデックスされると、自分のオリジナル記事がコピペ判定を受けてしまうことがあるのです。

めったにないことですが、可能性はゼロではありませんのでご注意ください。

 

最後に

今回は記事を一瞬でインデックスさせる方法と、その効果、またインデックスさせないと起こってくる問題についてお話してきました。

まだ「Fetch as Google」を使用していない方は、今回の方法を参考にして今後は使用するようにしてください。

メールマガジン登録





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ