特化型ブログにおいて記事数は重要でない3つの理由

「特化型ブログはどれくらいの記事数を書けば1日のアクセス数が1万PVを超えてきますか?」

特化型ブログのコンサルをしている私は、このような質問を頻繁に頂きます。初心者ならまだしも、コンサルタントレベルの方でもいまだにブログの記事数を増やしていけばアクセス数は増えていくとお考えの方が多数いらっしゃることに驚きを隠せません。

情報収集を日々おこなっていれば、最近のGoogleの傾向的に記事数を増やしていってもアクセス数が必ずしも増えていくとは限らないことはわかりますし、実際にブログを運営していれば否が応でも感じることです。

そして特化型ブログになると、記事数とアクセス数の関連性の低さがより分かるのではないでしょうか。

今回は特化型ブログにおいて記事数が重要でない3つの理由を解説します。

 

特化型ブログにおいて記事数が重要でない理由

特化型ブログで稼ぐためには記事作成が必要不可欠ですが、記事数の多さはそこまで重要ではありません。

  • 月収10万円稼ぐためには200~300記事は必要
  • 100記事作成してからがスタートだ

などといったことが当たり前のようにネット上に出回っていますが、そんなことは決してありません。特化型ブログにおいて記事数が重要でない理由を解説します。

 

理由1:ガムシャラに記事数を増やしてもアクセス数が増えなかったから

1日1万PVほど集めている特化型ブログで私がおこなった実験なのですが、当時150記事ほどだったブログの記事数を2ヶ月かけて250記事まで増やしました。

ある程度のキーワード選定をした記事を、あとはただガムシャラに投稿していっただけなのですが、それではアクセス数はほとんど変わりませんでした。

ただガムシャラに記事を投稿するだけではアクセスアップは上手く行かないのです。

 

理由2:アクセス数の7~8割を上位1~2割の記事が集めていたから

私が運営しているブログの中から、ただキーワード選定をして投稿していただけのブログをピックアップしてアクセスデータを見てみたところ、どのブログもアクセス数の7~8割を上位1~2割の記事が集めていることがわかりました。

あなたがもしブログを運営しているのなら、ブログを確認してみてください。アクセス数のほとんどは上位1~2割の記事が集めているはずです。

逆にアクセス数を集めてくれないような記事をどれだけ作成してもアクセス数を集めてくれませんし、時間と労力が無駄になるだけなのです。

 

理由3:質の低い記事はブログ全体の評価を下げる原因になるから

とりあえず記事を更新しなければと思って質の低い記事ばかり投稿してしまうと、実はブログ全体の評価を下げる原因となり、ブログの成長を妨げてしまうのです。

実はこれに気づいていない方が非常に多くいらっしゃいますが、この点についてGoogleは明言しているのです。

なお、低品質なコンテンツがサイトの一部にしか存在しない場合でも、サイト全体の掲載順位に影響を与えることがあるということにご注意ください。低品質なページを削除したり、内容の薄いページをまとめて役に立つコンテンツに改善したり、もしくは低品質なコンテンツを他のドメインに移動させたりすることが、最終的に良質なコンテンツの掲載順位を改善することにつながります。

【引用元】Googleウェブマスター向け公式ブログ:良質なサイトを作るためのアドバイス

記事数が重要だと思ってやたらめったら記事を投稿していては、頑張っているのにブログの評価を下げてしまうという悪循環になりかねませんのでご注意ください。

 

まとめ

特化型ブログの運営において、記事数が重要だと思い込んでガムシャラに記事を投稿していてはアクセス数はなかなか増えていきません。それくらいなら一記事一記事をしっかり丁寧に作成していったほうが良いです。

また、効率よくアクセス数を増やしていくにはブログの構成も重要であり、その施策をすることでブログ全体のアクセス数は大幅に変わってきます。

初心者が特化型ブログで月収10万円を稼ぐまでの具体的、実践的な方法はこちらで解説しています。ぜひご覧ください。

▶ 特化型ブログの作り方!初心者が最短で月収10万円を稼ぐ方法

メールマガジン登録





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ