PRIDE(プライド)と下克上の比較とメリット・デメリット

Red-Fire-Hand-vs-Blue-Ice-Hand-600x375

これからトレンドアフィリエイトを実践しようとしている方必見です!

一口にトレンドアフィリエイトと言っても、その情報商材の代表作は、最初に販売が開始した「下克上」と、その後に販売された「PRIDE(プライド)」がありますよね。

おそらく多くの方がどちらの教材を購入しようか迷っているかと思います。実際私もそうでしたし、今では「トレンドアフィリエイトを開始する際にどちらの教材の方が良いですか?」といった質問をたくさん頂きます。

今回はそんな方に向けて、どちらの教材の方がおすすめか、それぞれのメリット・デメリットを挙げて比較しながら解説していきます。

どうぞトレンドアフィリエイトを開始する際の参考にしていただければと思います。

下克上

それではまず、下克上のメリット・デメリットを挙げていきます。

メリット

下克上の持つメリットは以下のようなものがあります。

  • 無料で実践できる
  • 成果が出やすい
  • 爆発的に稼げる
  • SEOの知識がほとんどいらない

それぞれについて解説します。

無料でできる

まず、なんといってもアフィリエイト初心者にありがたいのが、無料でできることですね。

下克上は無料ブログサービスのSo-netブログを使用して実践していくため、いつまでも無料で実践していくことができるんです。

成果が出やすい

次は成果が出やすいというメリットです。こちらもアフィリエイト初心者にはありがたいことですね。

先程もお話しましたが、下克上では無料ブログサービスを使用するため、始めたばかりの記事でも比較的上位表示されやすく、成果が出やすいのです。

また、新しく出てきたキーワードや芸能系のネタを主に使用するため、成果が出やすい傾向にあります。

爆発的に稼げる

下克上ではショートレンジキーワードと呼ばれる、短期的にですが大量に検索されるキーワードを使用してアクセスを集める手法を主に利用します。

そのため、短期的に膨大なアクセスを集め、爆発的に稼ぐことができます。

SEOの知識がほとんどいらない

下克上では、先程も少しお話しましたが、新しく出てきたキーワードを主に使用して上位表示させ、アクセスを集める手法をとるため、SEOの知識がほとんどいらないのです。

一般的に狙ったキーワードで上位表示させるためにはSEOの知識が必要なのですが、新しく出てきたキーワードの場合はライバル不在のためその必要がありません。

ただ、ここで「ほとんど」という言葉を使用した訳は、長期的にしっかり稼ぐためには少なからずSEOの知識が必要だからです。

デメリット

次は下克上のデメリットを挙げていきます。

  • ペナルティを受けやすい
  • ブログ削除のリスクがある
  • 短期的にしか稼げない
  • 記事を書き続けなければならない
  • クリック単価、クリック率が低い
  • 常に旬の情報をチェックする必要がある

それぞれについて解説します。

ペナルティを受けやすい

何度も言いますが、下克上では主に芸能系のネタを扱うため、ほとんどの人が芸能人の画像を使用しています。そのためペナルティを受けやすいんですね。

また、ほとんどの人の記事内容は似たり寄ったりなので、それもペナルティを受けやすい原因でもあります。

ペナルティを受けてしまったら収入がゼロになることはほとんどありませんが、それでも収入は大きく落ちてしまいます。

ブログ削除のリスクがある

下克上では無料ブログを使用しており、正確には自分自身のブログではありません。

使用しているブログサービスにとって何か不都合があると、あなたのブログが削除される恐れもありますし、ブログサービス自体が終了してしまう可能性だってあります。

そんなことが起きたらあなたの収入は一気にゼロになりますので注意が必要です。

短期的にしか稼げない

上記で述べた「ペナルティを受けやすい」、「ブログ削除のリスクがある」というデメリットがあるため、下克上では瞬間的には大きく稼げるかもしれませんが、長続きすることはほとんどないでしょう。

記事を書き続けなければならない

下克上の手法では主にショートレンジキーワードを使用してアクセスを集めるため、書いた記事が短期的にしかアクセスを集めてくれません。話題のピークが終わってしまったらほとんどアクセスは来ないでしょう。

そのため、ブログ全体のアクセスを維持するためには記事を書き続ける必要があるんですね。無料ブログならなおさらです。

クリック単価、クリック率が低い

下克上を使用したトレンドアフィリエイトではグーグルアドセンスのクリック単価とクリック率、共に低い傾向にあります。

その理由は、まず一つ目に無料ブログを使用しているからです。無料ブログのデザインは自分の思うようにカスタマイズすることができませんので、どうしてもクリック率が低くなってしまいます。

また、二つ目の理由は芸能系のネタを扱っているからです。芸能系のネタを扱うことでクリック単価が低くなってしまいますし、クリック率も落ちてしまいます。これは記事内容とは関係のない広告が表示されてしまうからなんですね。

常に旬の情報をチェックする必要がある

最後に「常に旬の情報をチェックする必要がある」というデメリットもあります。

下克上には「1日1時間で」と書いてあります。確かに記事を書く作業は1日1時間でもできるかもしれませんが、実際は情報収集の時間もあるのです。

ヤフーニュースなどを常にチェックしておかなければ旬を逃してしまいますので、結構縛られてしまうんですよ。このようなことも知っておいてください。

PRIDE(プライド)

次はPRIDEのメリット・デメリットを挙げていきます。

メリット

PRIDEのメリットは以下のようなものです。

  • ペナルティを受けにくい
  • 長期的に稼ぎ続けられる
  • 基本的に収益が上がり続ける
  • アクセスが集まるキーワードを予測できる
  • 外注化しやすい
  • 資産型ブログ化すればほとんど作業をしなくて良い
  • クリック単価、クリック率が高い
  • SEOの知識が身につく
  • ASPで扱う商品と絡めやすい
  • 今後に繋げやすい

それぞれについて解説していきます。

ペナルティを受けにくい

PRIDEの手法は芸能ネタを扱わないため、ペナルティを受けにくいのです。

そもそもなぜ芸能ネタがペナルティを受けやすいのかというと、まず第一に著作権を侵害している画像の使用があります。そして第二に似たような記事内容であるという理由があるのです。

本当はもっと本質的なものがあるのですが、ここでは割愛させていただきます。PRIDE方式のトレンドアフィリエイトはペナルティを受けにくいということを知っておいてください。

基本的に収益が上がり続ける

PRIDE型のトレンドアフィリエイトは独自ドメインとレンタルサーバーを使用した有料ブログです。

またミドルレンジキーワード、ロングレンジキーワードという中長期的にアクセスを集めるキーワードを中心に使用するため、記事を書けば書くほどアクセスが上がり続け、結果的に収入も大きくなっていきます。

ブログ削除というリスクもないため、ペナルティを受けない限りは収益が上がり続けます。

 

アクセスが集まるキーワードを予測できる

PRIDEは、数ヶ月後のネタを前もって記事にしておくことで、そのネタのピーク時に大量のアクセスを集める手法ですので、下克上のように常に情報を見ている必要はありません。

外注化しやすい

今お話しましたが、アクセスが集まるキーワードを先に知ることができますので、外注化がしやすいです。

先に自分で記事ネタを集めておいてライターに作成してもらっておけば良いのです。

数時間という時間が重要になってくる下克上式の手法では難しいですね。

資産型ブログ化すればほとんど作業をしなくて良い

有料ブログを使用し、中長期的キーワードを使用した記事を書いていくPRIDE式トレンドアフィリエトでは、ある程度ブログのコンテンツ量が増えればほとんど作業をしなくてもアクセスが安定してきます。

私の運営しているブログの一つは、先月数記事しか投稿していないにも関わらず月10万円を稼いでくれました。

もちろん記事を書けば収益を増やしていくことができますが、このように少ない作業である程度の額を稼いでいくこともできます。

長期的に稼ぎ続けられる

PRIDE方式のトレンドアフィリエイトでは、長期的に稼ぎ続けることができます。

というのも、まず最初にお話した「ペナルティを受けにくい」ということ、そして今お話した「資産ブログ化すればほとんど作業しなくて良い」ということが関係してきます。

ペナルティを受けづらく、資産ブログ化すればほとんど作業しなくても良いので、少ない作業で長期的に安定して稼いでいくことができるんですね。

クリック単価、クリック率が高い

PRIDEを使用したトレンドブログではグーグルアドセンスのクリック単価やクリック率が共に高くなります。

私の研究データによると、下克上での芸能系トレンドアフィリではクリック単価が20円ほどですが、PRIDE式では30円ほどです。

また、芸能系ではクリック率が1%を切ってしまいますが、PRIDE式では3%を優に超えています。

 

クリック率が1%と3%では同じアクセス数、同じクリック単価でも収益が3倍も違ってきますし、クリック単価が20円と30円では同じアクセス数、同じクリック単価でも収益が1.5倍違ってきます。

クリック単価20円、クリック率1%のブログと、クリック単価30円、クリック率3%のブログで両方のアクセス数が同じ場合、収益には4.5倍もの差が開いてしまいます。

また、同じ金額を稼ぐ場合、PRIDE式では下克上式の2/9のアクセス数で達成できるという見方もできますね。

このようにクリック単価やクリック率は結構重要なんです。

SEOの知識が身につく

PRIDE式では新しく出てきたキーワードを使用することがほとんどないため、少なからずSEOの知識が必要になってきます。

新しいキーワードが出てきたらとりあえずそのキーワードを使用して早く記事を書く下克上式とは違い、PRIDE式では検索ボリュームが多くライバルが弱い部分を見つけるためのキーワード選定が重要になってきます。

PRIDE式トレンドアフィリエイトでは、実践しているうちに自然とSEOの知識が身についてきます。

ASPで扱う商品と絡めやすい

PRIDE式トレンドアフィリエイトでは、さまざまなジャンルを扱うため、ASPで扱っている商品と絡めやすいです。

単価の低いグーグルアドセンスではなく、ASP内にある適切な商品を扱うことで収益を大幅に上げることができます。

今後に繋げやすい

PRIDEを実践することで今後に繋げやすいんです。

実践しているうちにアクセスを集めやすいジャンルを知ることができますので、特化型ブログに繋げやすいですし、ASPと絡めることでどのような商品が売れやすいかも知ることができます。

また資産ブログ化してしまえば作業時間を少なくしながら収入を安定させることができますので、安心して他のアフィリエイト手法にステップアップすることもできます。

デメリット

PRIDEのデメリットを挙げていきます。

  • 有料である
  • 成果が出るのが下克上と比べると遅い

それぞれについて解説していきます。

有料である

PRIDE式トレンドアフィリでは、独自ドメインとレンタルサーバーが必要であるためそれらを契約する際にお金が必要です。

とは言っても、月額換算すればわずか1,100円ほどですので大きなダメージはないでしょう。

成果が出るのが下克上と比べると遅い

PRIDE式は下克上式と比べると成果が出るのが遅いです。

月10万円と目標設定すれば、下克上の場合は1~2ヶ月ほどで達成できますが、PRIDEの場合は2~3ヶ月ほどかかります。

とは言っても、長期的に見るとPRIDE式のほうが圧倒的に大きく稼ぐことができます。

PRIDE(プライド)と下克上のどちらが良いか?

PRIDEと下克上についてそれぞれメリット・デメリットを挙げてきましたが、結局どちらが良いのかというとPRIDEがおすすめです。

私はPRIDEを紹介していますし、上記の理由からもおわかりですよね。

今でもPRIDE式のトレンドブログは稼いでくれていますし、PRIDEで養った知識やスキルを使用することで、私はこのアフィリーランドというブログでも安定したアクセスを集めることができています。

 

今後長期的にアフィリエイトを実践していくならなおさらPRIDEがおすすめです。

最後に

今回トレンドアフィリエイトの代表作である「下克上」と「PRIDE」を比較してみました。トレンドアフィリエイトを実践しようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

私はPRIDEに圧倒的な特典をつけていますのでぜひそちらもご覧いただければと思います。

メールマガジン登録





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ