Head Cleanerの使い方とおすすめ設定方法-WordPressプラグイン

Head CleanerというWordPressプラグインは、ブログのソースを最適化してくれるWordPressプラグインです。

ソースを最適化することにより、ブログの表示速度が上がり、ユーザビリティが上がります。

 

ブログを構築しているソースの中でも特に容量が大きいCSSとJavaScriptを最適化してくれるのでぜひ取り入れたいWordPressプラグインですね。

それではHead Cleanerの使い方と設定方法を解説していきます。

CSSとJavaScript

とその前に、念の為CSSとJavaScriptとはどのようなものかを簡単に解説しておきます。

CSSとは

CSSとは、Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)の略であり、ブログのスタイルを指定するための言語です。

わかりやすく説明すると、ブログのデザインやレイアウトを指定する言語です。

JavaScriptとは

JavaScript(ジャバスクリプト)とは、ブログに動きや対話性を付加することを目的に作成された言語です。

JavaScriptを使用すると、画像にカーソルを合わせた時に、自動的に拡大されたり、アニメーションを取り入れたりすることができます。

Head Cleanerの設定方法と使い方

CSSとJavaScriptがどのようなものかを理解して頂いた上で、Head Cleanerの設定方法と使い方を解説していきます。

Head Cleanerのインストールと有効化

まずはWordPressプラグイン「Head Cleaner」をインストール、有効化していきましょう。

WordPressプラグインのインストール、有効化の流れはこちらの記事で具体的に解説していますので、参考にしながら進めてください。

Head Cleanerの設定方法

Head Cleanerをインストールし、有効化が完了しましたら、次は設定をしていきましょう。

有効化完了画面から、Head Cleanerの「設定」をクリックします。

2014-11-05_15h46_38

そして以下の項目にチェックを入れていきます。

  • CSSとJavaScriptを、サーバ上にキャッシュする
  • 複数のCSSを結合する
  • CSSを最適化する
  • JavaScriptを小さくする
  • <head>内のJavaScriptを、フッタ領域に移動
  • メタタグ”canonical”を追加
  • メタタグ”generator”を削除
  • リンクタグ”RSD”を削除
  • リンクタグ”wlwmanifest”を削除

チェックを入れましたらページ下部の「更新」をクリックします。

2014-11-05_22h03_24

すると「完了!」という文字が出てきます。

これでHead Cleanerの設定は完了です。

2014-11-05_20h35_12

Head Cleanerの使い方

次はHead Cleanerの使い方について解説します。

Head Cleanerを長く使用していると、だんだんとキャッシュファイルが溜まっていき、レンタルサーバーの容量を圧迫してしまいます。

だから定期的にキャッシュファイルを錯書する必要があるんです。大体1ヶ月に1回程度で大丈夫でしょう。

 

キャッシュファイルの削除方法は、Head Cleaner設定画面の下部にあるキャッシュファイル削除の「削除」をクリックするだけです。

1ヶ月に1回で大丈夫ですので忘れずに行ってくださいね。

まとめ

今回はWordPressプラグイン「Head Cleaner」の設定方法と使い方の解説でした。

ブログの表示速度を上げ、ユーザビリティを向上させるためにもぜひ利用してみてください。

メールマガジン登録





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ