WordPressの画像一括圧縮プラグインEWWW Image Optimizerで自動圧縮

ブログを構築していく際にコンテンツを充実させるためには、文章だけでなく画像を使用し、よりわかりやすく、より魅力的にすることが重要になってきます。

しかし、画像ファイルはファイルサイズが大きいため、その枚数が多くなれば多くなるほどブログの表示スピードがだんだんと遅くなってきてしまい、ユーザビリティが低下してしまいます。

 

そんな時は「EWWW Image Optimizer」というワードプレスプラグインを取り入れてみましょう。

このプラグインを使用することで、

  • 過去にアップロードした画像の圧縮
  • 新規にアップロードする画像の自動圧縮
  • WordPressテンプレート(テーマ)に組み込まれている画像の圧縮

をすることが可能なのです。

さらに画像圧縮の速度がはやいのも良い点ですね。

 

今回はそんな「EWWW Image Optimizer」の設定方法と使い方を紹介していきます。

EWWW Image Optimizerのインストール

まずは「EWWW Image Optimizer」プラグインをインストールして有効化しましょう。

WordPressプラグインのインストールから有効化までの流れは以下の記事を参考に進めてください。

 

EWWW Image Optimizerの4つの設定

「EWWW Image Optimizer」プラグインをインストールして有効化したら、次は設定をしていきます。

有効化が完了した画面から「Settings」をクリックします。

2014-11-02_04h15_09

すると、このような画面に移動し、設定ができます。

EWWW Image Optimizerの設定には

  • Cloud Settings
  • Basic Settings
  • Advanced Settings
  • Conversion Settings

という4つの設定があります。それぞれについて解説していきます。

2014-11-02_04h25_09

Cloud Settings

まずは、「Cloud Settings」からです。

「Cloud Settings」は、EWWW Image Optimizerの有料オプションであり、主にサーバー管理者が使用するものです。

サーバー管理者がサーバーのセキュリティや負荷などを考慮したサービスを利用できますので、ほとんどの方には特に関係はありません。

アフィリエイトをしていく際にも、この「Cloud Settings」は無視しておきましょう。

2014-11-02_04h25_48

Basic Settings

「Basic Settings」では、「Remove metadata」という項目だけにチェックを入れておきましょう。

ここにチェックを入れておくことで、画像ファイルに付いている特に必要のないメモなどを自動的に削除してくれるので、画像ファイルの圧縮率がより高まり、ファイルサイズが小さくなります。

2014-11-02_04h29_00

Advanced Settings

「Advanced Settings」では、「disable pngout」という項目にチェックを入れましょう。つまりpngoutを無効にするのです。

pngoutをするのは少々知識や手間などが必要で、面倒になりますので無効化にすることをおすすめします。

pngoutを無効化にしても圧縮の効果には特に影響は出ませんのでご安心ください。

2014-11-02_04h32_34

Conversion Settings

「Conversion Settings」では、「Hide Conversion Links」にチェックを入れましょう。

EWWW Image Optimizerにはデフォルトで画像の拡張子を自動的に変換してしまう機能があるのですが、ここにチェックをすることにより、それを無効化することができます。

拡張子を勝手に変換されてしまうと、画像の質が落ちてしまったり、管理が複雑になったりしてしまいますのでチェックしておくことをおすすめします。

2014-11-02_04h34_45

最後に「Save Changes」をクリックすればEWWW Image Optimizerの設定は完了です。

EWWW Image Optimizerの使い方

次は実際にどうやってEWWW Image Optimizerプラグインを使用していくかを解説します。

新規にアップロードする画像の自動圧縮

まずは、新規で画像をWordPressにアップロードする際の圧縮に関しての解説です。

WordPressのサイドメニューの「メディア」→「新規追加」から画像をアップロードし、「ライブラリ」をクリックするとこのような画面に移ります。

「EWWW Image Optimizer」をインストールした後だと、「Image Optimizer」という項目が追加されているのがお分かりかと思います。

EWWW Image Optimizerをインストール、有効化した後だと、新規にアップロードした画像ファイルは自動的に圧縮されるのですが、その際にどれくらいファイルサイズが減ったのか、また圧縮後の画像ファイルのサイズをこの項目で確認することができるのです。

2014-11-03_14h56_51

過去にアップロードした画像の圧縮

次は過去にアップロードした画像ファイルの圧縮に関しての解説です。

WordPressのサイドメニューの「メディア」→「Bulk Optimize」に移動するとこのような画面に移ります。

そして「Optimize Media Library」の「Start optimizing」をクリックすると過去にWordPressにアップロードした画像ファイルを一括で圧縮することができます。

2014-11-03_15h02_04

こんな感じで順番に圧縮されていきます。

2014-11-03_15h03_27

WordPressテンプレート(テーマ)に組み込まれている画像の圧縮

そして実は、WordPressテンプレートにもとから組み込まれている画像も圧縮していくことができるのです。

WordPressテンプレートには、ものによりますがいろいろな画像が組み込まれており、上記の方法ではそれらが圧縮されません。

テンプレートに組み込まれている画像を圧縮する方法も解説しておきます。

 

まずは先ほどと同じようにWordPressのサイドメニューの「メディア」→「Bulk Optimize」でこの画面に移ります。

そして「Optimize Everything Else」の「Scan and optimize」をクリックします。

2014-11-03_15h04_20

するとこんな感じでWordPressテンプレートにもとから組み込まれている画像が一括で圧縮されていきます。

2014-11-03_15h05_05

以上がEWWW Image Optimizerの使い方の解説でした。

まとめ

ユーザビリティを考えると、ブログの表示スピードが遅くなるのを防ぐことは重要ですが、画像をいちいち圧縮する作業は非常に手間がかかりますよね。

しかし、今回解説したように「EWWW Image Optimizer」プラグインを使用すると自動で圧縮をしてくれますので非常に便利であり、私も重宝しています。

ぜひ今回の記事を参考にしながら取り入れてみてください。

 

メールマガジン登録





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ