アドセンス審査の通過を一から徹底解説!ブログ作成から突破まで

ブログ運営等でGoogleアドセンスを使用する際は最初にアドセンスの審査に通過する必要があります。

アドセンスの審査は厳しいと言われていますが、しっかりとした手順を踏んでいけば必ず審査を通過することができます。審査に通らないのは、どこかに問題があるからなのです。

今回お教えする手順を踏んでいけば必ずアドセンスの審査に通過することができますのでぜひ参考にしてみてください。

■2015年12月追記

2015年11月にGoogle AdSenseの審査方法が変更されました。

新たな審査の流れや、審査に通過する方法は以下の記事で解説しているので、そちらをご覧ください。

▶ 【最新版】Google AdSenseの審査の流れや審査に通過するための方法

 

アドセンスアカウント取得までの流れ

まず最初に、アドセンスアカウントを完全に取得できるまでの流れをお話ししておきます。

アドセンスアカウントを取得するまでには大きく5つのステップがあるのです。

  • 一次審査
  • 二次審査
  • テストデポジット
  • PINコード確認
  • 振込

という5つのステップです。

それぞれについて簡単に説明しておきます。

一次審査

一次審査では、ブログがアドセンス広告を載せるのに適しているかどうかが審査されます。

主にブログのコンテンツが見られます。記事の内容のことですね。

二次審査

二次審査では、ブログにアドセンス広告が適切に設置されているかという部分が見られます。

具体的にはGoogleアドセンスの規約に触れていないか、ブログデザイン、アドセンス広告をクリックさせるように誘導していないかなどが見られるのです。

テストデポジット

二次審査が終わってしまえば、ブログへ適切にアドセンス広告が表示され、収益化することが可能になります。

ここで、登録してある振込先口座に少しのお金が振り込まれ、テストデポジットというものが行われます。

これをすることにより、登録した振込先口座があなたのものかを確認するのです。

振り込まれた金額を確認し、その金額を任意の場所に入力することで確認します。

PINコード

報酬額が1,000円を超えると、振込先口座の登録ができるようになり、PINコードが書かれたはがきが登録してある自宅などの住所に送られます。

そして、そのPINコードを任意の場所に入力することで確認が完了します。

こうすることにより、登録した住所が本当に存在しているのかを確認するのです。

振込

すべての審査、確認作業が済み、報酬額が8,000円を超えると、ようやく正式に報酬が振り込まれ始めるのです。

これでアドセンスの審査はすべて完了です。

アドセンス審査完了までの手順

それではアドセンス審査がすべて完了するまでの手順を一つ一つ丁寧に解説していきます。

ここでお教えする手順を踏んでいけば、必ず審査をすべて突破することができますので、参考にしながら進めてみてください。

審査用ブログ(So-netブログ)の構築

まずは無料ブログサービスのSo-netブログを使用して、アドセンス審査を突破するための審査用ブログを作成しましょう。

So-netブログに登録し、設定を済ませていきましょう。

設定が完了しましたら、運営者情報の記事を作成します。プロフィールもあればなおさら良いですね。

運営者情報の記事作成時の注意点

アドセンス審査の一次審査を通過するために重要な役割を果たすのが運営者情報の記事の作成です。

誰がブログを運営しているのかを明確にすることで、信頼が増し、審査に通過しやすくなるのです。

というわけで、記事タイトルを「運営者情報」として作成します。

 

この記事に記載するのは

  • 運営者
  • 連絡先
  • プライバシーポリシー

の3つの項目です。

 

運営者に関しては本名を記載するのが嫌であれば、ニックネームでも構いません。

連絡先は最低メールアドレスが記載してあれば問題ありません。

プライバシーポリシーに関しては、「ブログの訪問者それぞれに適した広告を表示させるために、Googleがブログ訪問者の情報を収集している」という趣旨の内容が記載してあれば大丈夫でしょう。

プロフィールの作成

運営者情報記事の作成が完了しましたら、念の為プロフィール記事も作成しておくことをおすすめします。

自分の名前(ニックネームも可)や、出身地、年齢、職業、ブログの趣旨などを書いていきます。

審査に通りづらくなるようなことは書かずに、日常をブログで綴っていくという趣旨を書いていきましょう。

日記記事の作成

ブログの設定が完了しましたら、日記記事を作成していきましょう。

この際に審査に通過するためにいくつか注意点がありますので、それらについてお話ししていきます。

記事数

一次審査に申請するまでに用意すべき日記記事の記事数は10記事です。

まずは10記事の日記記事を書いていきましょう。

文字数

そして1記事当たりの文字数も気をつけておく必要があります。

審査用ブログの1記事あたりの文字数は600文字くらいを目安に作成していきましょう。

NGワード、NGネタ

アドセンス広告を設置する際、使用してはいけないNGワードやNGネタが存在します。

意外と厳しいので覚えておいてください。

書いてはいけないNGワード、NGネタは…

  • アダルトを連想させるもの
  • 児童ポルノを連想させるもの
  • お酒を連想させるもの
  • タバコを連想させるもの
  • ギャンブルを連想させるもの
  • 暴力を連想させるもの

これらには十分注意しながら記事を書いていきましょう。

私も経験があるのですが、結構うっかり書いてしまうことがありますので十分注意してくださいね。

著作権

著作権に関しても十分注意してくださいね。

著作権に引っかからないようにするためには固有名詞を使用しないことです。

アドセンス用ブログの記事では固有名詞を用いないことをおすすめします。

コピペ

他サイトのコンテンツを引用することはやめましょう。コピペ禁止です。

コピペは著作権に反しますので、もちろんやってはいけません。

また、アドセンス用ブログの記事内ではリライトもやめておくことをおすすめします。

審査に通るためにも、念には念を入れておきましょう。

画像、動画は使用しない

こちらも著作権のことを考えて、画像や動画の使用はやめておきましょう。

自分で撮った写真であっても、誤解を招く恐れがありますので審査用ブログでは使用しないことをおすすめします。

リンクを張らない

Google側の視点で考えてみると、アドセンス広告をブログ訪問者にクリックしてもらうことがGoogleへの利益につながります。

記事内にリンクが張ってあってはアドセンス広告のクリック率が下がってしまいますので、審査用ブログの記事内ではリンクを張らないでおくことをおすすめします。

タグを付けない

また、タグの使用もやめておきましょう。

以前、タグをたくさんつけてアクセスアップを狙った手法がありましたので、タグの使用は印象が悪いです。

審査に出来るだけ通りやすくするためにもタグの使用は控えましょう。

記事内容

記事内容は普通の日記記事にすると良いです。

変わった内容の記事にするよりも、本当に普通の日常生活を綴った記事内容にすると、アドセンス規約にも触れづらくなります。

記事の内容は普通の日常生活を綴った内容にしておきましょうね。

一次審査への申請

アドセンス用ブログを構築出来ましたら、ようやく一次審査への申請ができます。

一次審査を申請する手順は、まずGoogle AdSenseの公式サイトへ移動し、必要事項を記入していきます。

そして最後に申請ボタンをクリックすれば一次審査への申請の完了です。

一次審査の期間

一次審査へ申請し、その結果が出るまでの期間は早くて数時間で出ます。

遅くとも1週間以内には何らかの返事が返ってきます。

 

一次審査に申請して2~3日しても返事がない場合は、日記記事を1記事だけ追加してみましょう。

その後も連絡が来ない場合は2~3日おきに日記記事を追加していきましょう。

 

審査の結果はメールで届きますので、そちらをチェックしましょう。

一次審査に落ちた時の対処法

もし一次審査に落ちてしまった場合は、メールでその旨が伝えられます。

メール内に改善のヒントなどが書かれていますので、そちらを参考にしながらブログを改善してみましょう。

また前述した日記記事を作成する際の注意点も参考にしながらブログの隅々までしっかりチェックしてみてくださいね。

改善しましたら一次審査に再申請してみましょう。一次審査に通るまでこれを繰り返していきます。

二次審査への申請

一次審査に通過しましたら次は二次審査へ申請しましょう。

二次審査では、実際にアドセンス広告をブログ内に貼り付けていきます。

そしてアドセンス広告が正常に作動するか、規約に違反した貼り方をしていないかなどがチェックされます。

 

二次審査への申請手順としては、まずGoogle AdSenseの公式サイトへ移動し、広告コードを取得します。

そしてそれをブログ内に貼り付けます。二次審査への申請はアドセンス広告を貼り付けるだけで完了です。

※この際、アドセンス広告はトップページではなく、記事内に貼り付けないとアドセンス広告が表示されません。

 

また、二次審査への申請期間中は広告は真っ白になっています。これが正常ですのでご安心ください。

二次審査も通過すれば自動的に広告が表示されます。

そして同時にメールでも二次審査へ通過した連絡が送られてきます。これで二次審査も完了です。

振込先口座の登録

審査を終えてしまえば、残すは必要事項を記入したり、確認作業をするだけです。

まずは振込先口座を登録しておきましょう。

アドセンス広告での報酬額が1,000円を超えると振込先口座を登録できるようになりますので登録しましょう。

テストデポジット

報酬額が1,000円を超え、振込先口座を登録しましたら、振込先口座が正しいものか確認するためにテストデポジットというものが行われます。

登録した振込先口座に少額のお金がGoogleから振り込まれますので、その金額をGoogle AdSenseの公式サイトの任意の場所へ入力します。

テストデポジットは振り込まれるまでに最大で5日ほどかかりますので、それ以上時間がかかるようでしたら問い合わせてみてください。

PINコードの確認

テストデポジットで振込先口座の確認も終えましたら、最後にPINコードの確認があります。

登録した住所先にPINコードが書かれたはがきが届きますので、そちらに記載されているPINコードをGoogle AdSenseの公式サイトの任意の場所に記入します。

これで住所の確認と振込先口座の持ち主の確認がされます。

PINコードが記載されたはがきは登録した住所に届くまでに2~3週間ほどかかりますので気長に待ちましょう。

 

これですべての審査は完了です。

まとめ

アドセンスの審査に通過する方法を一つ一つ手順を踏んで解説してきました。

今回紹介した手順を踏んで審査に申請していけば必ず通過することができますので、審査に通過できず悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

メールマガジン登録





4 Responses to “アドセンス審査の通過を一から徹底解説!ブログ作成から突破まで”

  1. kiyo より:

    こんばんわ!
    googleのアドセンスは場合によってはかなり苦労させられますよね!

    私も導入しようと思ったときは何度か弾かれて苦汁を舐めた経験があります。

    そんな時にこんな記事があればとても助かりますね!

    また遊びに来ます!

    • kiyoさん、こんにちは。

      コメントしていただきありがとうございます。

      そうですよね。私はやり方を知っていたのですんなりいったのですが
      やはり苦労している方は多く、私もたくさんのメッセージをいただきました。

      そう言っていただきありがとうございます。
      そんな方々の役に立てればと思います。

      ぜひまたお越しください!

      ウォルト・アフィリー

  2. おかだ より:

    アドセンスの二次審査の合否連絡が来ないのですが、どうすればいいと思いますか?
    広告を貼り付けてもう三週間経っています。

    • おかださん

      ブログを見てみないとなんとも言えませんね。

      二次審査が通らない時のよくある問題としては
      「スポンサードリンク」などの表記が無いことです。

      もしよろしければ
      一度個別にご連絡いただき
      ブログをお見せください。

      よろしくお願いします。

      ウォルト・アフィリー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ