AddQuicktagの設定と使い方-WordPressプラグイン

AddQuickTag

よく使用するコードを毎回打つのって結構面倒くさいですよね。特に基本的にビジュアルエディタを使用している方ならなおさらです。

今回はそのちょっとした問題を手軽に解決できるWordPressプラグイン『AddQuickTag』を紹介します。設定方法は簡単なのでぜひ使用してみてください。

 

設定方法

まずは設定方法から説明します。

 

1.WordPress管理画面のプラグインの新規追加から「AddQuickTag」を追加し、有効化します。

プラグインを追加し、有効化する方法はこちらを参考にしてください。

▶ WordPressプラグインの3つのインストール方法から有効化まで

 

2.サイドバーの「設定」→「AddQuickTag」を選択します。

AddQuickTag

 

3.設定画面に移りますので登録したいコードを追加していきます。

AddQuickTag2

ちなみに今回は動画をレスポンシブ対応させるタグを登録しています。その方法は以下の記事で詳しく紹介していますのでよければご覧ください。

▶ 【賢威6.2】WordPressでYouTube動画をレスポンシブ(スマホ)対応に

 

それぞれの項目を説明していきます。

①ボタン名:

記事投稿画面で表示されるボタン名を決めます。

②ラベル名:

ボタンの説明文を入れます。
(よっぽどわかりにくいものでなければ記入する必要はありません)

③開始タグ:

開始タグを記入します。

④終了タグ:

終了タグを記入します。

⑤アクセスキー:

基本的にいらないです。

⑥順番:

記事投稿画面の上部に並んでいるタグの順番を決めます。

 

最後に画像右端のチェックを入れます。

これにチェックしないと反映されないので注意してください。

『変更を保存』をクリックすれば登録は完了です。

 

使い方

それでは実際に使ってみましょう。

 

テキストエディタでの使い方

記事投稿画面に移り、テキストエディタを選択します。さきほど追加したボタンがあるかと思いますのでクリックしてみましょう。

AddQuickTag3

 

すると、このように開始タグが記入されますのでもう一度ボタンをクリックしてみます。

AddQuickTag4

 

すると、このように終了タグが記入されます。

AddQuickTag5

このように使っていきます。

 

ビジュアルエディタでの使い方

また、これはビジュアルエディタでも使用することができるのです。ビジュアルエディタでの使い方も説明しておきます。実際に動画にタグを付けてみます。

AddQuickTag6

 

動画を選択し、赤枠で囲った部分をクリックします。

AddQuickTag7

 

テキストエディタで確認してみると…

AddQuickTag8

このように動画のコードの前後にタグが記入されていますね。ビジュアルエディタではこのように使っていきます。

 

最後に

AddQuickTagの設定方法と使い方の説明は以上です。

基本的にタグ打ちに慣れていない方にとってはこのWordPressプラグインを使用することで大幅に効率化することができますので、ぜひ使用してみてください。

メールマガジン登録





2 Responses to “AddQuicktagの設定と使い方-WordPressプラグイン”

  1. より:

    ウォルト・アフィリーさん

    初めまして。玲といいます。

    自分が使いたいタグを
    必要なだけ登録できるAddQuicktagは
    めちゃくちゃ使い勝手のあるプラグインです!

    わたしも、利用しています^ ^

    ポチッと応援OKです☆

    • 玲さん、初めまして。
      コメントありがとうございます。

      そうですよね。
      私は今回はじめて使用してみたのですが、
      とても便利で気に入っています。

      応援ありがとうございます。

      ウォルト・アフィリー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ