500エラーでWordPressがダウンした時の簡単PHP対策

こんにちは!ウォルト・アフィリーです。

実は昨日の朝、いつも通り当サイトを開くと500エラーが発生していました。何度更新してもこのような有様でした。

いち早く原因を突き止め解決するために、急いで検索しまくりました。500エラーについて検索した経験のある方ならおわかりかと思いますが、正直良くわからない解決方法ばかりですよね。

仕方なく自分でなんとかしようと試行錯誤している中で、一つ誰でも簡単にできる解決方法を見つけましたのでご紹介します。

 

ただし、今回の解決方法はエックスサーバーを使用している場合のみの方法です。また、エックスサーバーを使用している方でも必ずしも上手くいくとは限りませんのでご注意ください。

500エラーの解決方法

では、500エラーの解決方法を解説していきます。

まずはエックスサーバーのサーバーパネルを開き、「PHP高速化設定(FastCGI化)」を選択します。

 

ドメインを選択します。

 

「PHP高速化設定を変更する(確認)」を選択します。

 

  • 「FastCGIを有効にする」
  • 「APCを有効にする」

にチェックを入れ、「PHP高速化設定を変更する(確定)」を選択します。

 

以下の様な画面が表示されれば完了です。

 

これを同じサーバー内に入っているドメイン全てに行ってください。

最後にサイトを確認してみてください。おそらく500エラーは解消されているはずです。

 

500エラーを起こさないために

500エラーを起こさないためにエックスサーバーでやっておくと良い設定も紹介しておきます。

まずはエックスサーバーのサーバーパネルを開き、「WordPressセキュリティ設定」を選択します。

 

ドメインを選択します。

 

  • 「ダッシュボード アクセス制限」
  • 「XML-RPC API アクセス制限」

が「ON」になっているか確認します。(デフォルトの設定では「ON」になっています。)

もし「OFF」になっている場合は「ON」にしてください。

 

これで完了です。これだけでも500エラーの予防になりますので、もし設定できていない方は設定しておきましょう。

 

500エラーにいち早く気づくために

500エラーになったことに気づかず長い時間放置していると、多くのアクセスを無駄にしてしまいます。今回500エラーにいち早く気づく方法も見つけましたので、ぜひ以下の手順にそって設定しておいてください。

この方法はWordPressで設定します。さらにWordPressプラグインの「Jetpack by WordPress.com」を使用しますので、導入していない方はまずインストール、有効化まで進めておいてください。

 

それではその続きの設定を解説していきます。とはいっても一瞬です(笑)。

「Jetpack by WordPress.com」の設定画面に移り、「モニター」を有効化にし、「設定」を選択します。

 

「モニターメール通知を通知する。」にチェックを入れ(デフォルトではチェックが入っています)、「変更を保存」を選択します。

 

以上で設定は完了です。こちらに書いてあるようにJetpackモニターが5分毎にサイトをチェックしてくれますので、500エラーに限らず、サイトがダウンした際にすぐにメールで通知してくれます。

実際にサイトがダウンした際は以下の様なメールが届きます。

 

また、サイトが復旧した際は以下の様なメールが届きます。

 

こちらはとてもありがたい機能なので、ぜひ取り入れてみてください。

また、Jetpack by WordPress.comは他にも役立つ機能が満載なので、こちらの記事もあわせてお読みください。

▶ Jetpack by WordPress.comとは?おすすめの使い方を解説

 

最後に

今回は500エラーの簡単にできる解決方法とその予防策、またサイトのダウンにいち早く気づくための設定方法について解説してきました。

まだ500エラーになったことのない方も、予防法とサイトのダウンにいち早く気づくための設定方法だけはやっておくと良いですね。

 

メールマガジン登録





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ